印鑑登録には登録資格が必要

登録資格イメージ

印鑑証明というのは、役所で印鑑登録した印鑑が本物であることを証明するためのものです。
ちなみに正式名称は「印鑑登録証明書」といいます。
とても貴重な書面ですので、必ず役所に行って発行してもらわなくてはいけません。

また、印鑑証明を取りたい時は必ず登録する印鑑が必要になってきますから、実印の用意をしておきましょう。
印鑑証明は、たとえばマンションの購入や、自動車を買うときなどに必要になってくる書面です。
では、何故そういった購入時に印鑑証明が必要になってくるのかと言えば、購入の際に印鑑を求められるのですが、その際にその印鑑が本人の正当な押し印であることを証明するためです。

ちなみに、この印鑑証明単体では、何の効果もありません。
印鑑証明は、印鑑登録した実印が正当であることを示すものですので、この二つが一緒にあって、初めて大きな効果を持つのです。
印鑑証明は年齢を重ねるごとに必要になってくるものですから、まだ若い人には頭にはてなを浮かべる人もおおいかもしれませんね。

そもそも印鑑証明を取得するには役所で実印を登録しなくてはいけないのですが、この印鑑登録には登録資格が必要になってきます。
そのため、満15歳になっていないと登録できないという条件もあって、今まで縁のなかったと言う人も多いと思います。
また、大きな物品の購入や契約などは、若いうちはほとんどしないと思いますから、そう言った点でも大人になってから必要になるもの、と覚えておいても良いかもしれませんね。

ページの先頭へ