好きな印鑑を用意

実印イメージ

印鑑証明の取得には、まず実印を役所に登録する必要があります。
印鑑証明というのは、役所に印鑑登録した実印が、本人が印鑑登録した印鑑ということの正当性を証明するためのものです。
なので、まずは印鑑を登録しない限りは発行することができないのです。

印鑑登録のための印鑑は、いわゆる「実印」といい、この印鑑にも条件があります。
まず、印鑑の素材がゴムのものは登録することができません。
これは、ゴムが変形しやすい素材だからです。
形が変わる印鑑を実印とは認められないので、ゴム印は印鑑登録することができません。

また、登録できないと言うわけではありませんが、三文判などの既製品での登録はあまりお勧めいたしません。
印鑑登録のための実印と言うのは、契約や大きな売買においてとても大切な印鑑になりますから、悪用されてしまわないためにも登録する印鑑は手彫りなどのものにしておいたほうがよいでしょう。

また、印鑑を押した時にちゃんとはっきり写るかどうかも重要になってきますから、押したときの鮮明さも重視しましょう。
印鑑登録は、市町村によって、登録する印鑑に対する条件が違っている場合がありますから、まずは自分なりに印鑑を用意する前に、どういったものがいいのかなどを役所に聞いておくと間違いがなくて良いかもしれません。
印鑑登録の実印にはフルネームのものがベストですが、苗字や名前だけの印鑑でも登録することができますから、好きに選んで印鑑を用意しましょうね。

印鑑・はんこの販売情報は豊富な印鑑サイト.com

日本人の生活のなかで印鑑は必須の道具といえます。
私たちにとって必需品である「はんこ」の選び方はこちらのサイトが参考になります。

ページの先頭へ