価値があるのだと意識する

実印イメージ

印鑑証明は、印鑑登録した実印や、その実印で押した印と一緒にすることで、重要な効果を発揮します。
印鑑証明の役割は、印鑑登録した実印が公的に正当なものであることを証明することですから、印鑑などと一緒に提出して初めてその効果を発揮するのです。

そのためマンションや自動車の購入など、大きな契約や売買などの時に、押し印と一緒に求められる事が多いのです。
しかしながら、印鑑証明単体では大した効果はなく、ただの紙切れと言っても間違いはないでしょう。
ですが、だからといって粗末に扱ってよいものでもありません。

たとえばですが、誰かの印鑑証明を手に入れたとして、それも元にして、登録印鑑を偽造することだってできます。
そしてそれを使い、その人の名をかたって、好き勝手に契約や売買をすることだってできてしまうかもしれません。

そうなってしまえば、気遣ないうちに借金地獄に陥っていた、なんてことにもなりかねません。
たしかに印鑑証明だけでは何の効果もありませんが、印鑑証明があるというだけで、それが悪用されてしまうという可能性はでてきてしまうのです。
そうなってしまえば、困るのは印鑑登録した本人ですから、取り扱いには充分に注意しなくてはいけません。

最近は印鑑の偽造なども簡単にできてしまいますし、印鑑証明を使って悪事を働こうとするひとがいないとは言い切れませんから、たとえ効力のないものだったとしても、それなりの価値があるのだと意識して扱いましょうね。

「実印として売られているものであっても、印鑑登録をしていなければ、実印ではない」のをご存知ですか?
印鑑辞典~印鑑登録とは~のページが参考になりました。

ページの先頭へ