今後の課題

印鑑登録イメージ

印鑑証明を取得するための印鑑登録ですが、登録にはいくつか条件があります。
まず、住んでいる市に住民登録をしていることが大前提です。
住民登録をしていないと印鑑登録もできませんから、引っ越しなどをして住民登録をしていない場合は、早めに登録しておきましょう。

ちなみに個人でも法人でも、所在地に登録している市役所などで登録を行わなくてはいけません。

また、印鑑登録をするには年齢の制限もあります。
年齢が満15歳以上の人でないと、印鑑登録をすることができません。
ですから、早くても16歳にならないと、印鑑登録ができないということになります。

ちなみに外国人の場合、外国人登録原票に記録か登録をしている必要があり、年齢は満16歳以上であることが条件になります。
また、印鑑登録に使う印鑑は、三文判やゴム印では登録することができませんので、防犯性の高い手彫り印鑑を用意することをオススメします。

最近は安くても質の良い印鑑も多いですから、インターネットなどを利用して通販するのもよいでしょう。
昔は中学校を卒業して、すぐに印鑑登録などが必要になることはあまりありませんでした。
しかし最近ではインターネットの普及なども相まって、中学生や高校生などの未成年でも、ネットアプリケーションを通してビジネスをしていることも多くなってきており、印鑑証明などの需要年齢が下がってきています。
そのため、印鑑登録の年齢制限の引き下げなども、今後の課題になってくるのではないでしょうか?

〔オススメサイトのご紹介〕

印鑑を買うなら自分好みなものをリーズナブルに選びたい!
高品質でかわいいキャラクター・イラストも扱ってるお店選びは
印鑑専門の売れ筋サイト、印鑑ネットから!

ページの先頭へ